top of page

アカデミー国枝バレエ 略歴

国枝 真才恵

名古屋市出身 5才よりバレエを始める 1971年 越智バレエ団にて越智実に師事 1977年 市川せつ子バレエ団にて市川せつ子に師事。同バレエ団にて教師を勤める。 1982年 名古屋市西区にて国枝バレエ教室を設立。

以後、深川秀夫、ジャン・クロード・ルイーズ(元ストラスブールコンセルバトワール教授)に師事。

これより、毎年発表会・公演多数開催、振付、指導出演する。 1993年 ルイーズ氏の命名により、「アカデミー国枝バレエ」とする。

「深川秀夫バレエの世界」等賛助出演多数。 1998年 「深川秀夫バレエの世界」 「アート・プロジェクト フラッシュ」全国公演でバレエミストレスを勤める。東名体操クラブ・バレエ非常勤講師として、シドニーオ リンビック出場。(体操)竹中美穂他 指導。

2005年、深川秀夫氏のバレエミストレスとして(社)日本バレエ協会公演に、

「妖精のくちづけ」(東京)と「火の鳥」(名古屋)にて参加する。

2007年 あいちダンスの饗宴「トリプル・ガラ」(愛知県芸術文化センター主催)、

深川秀夫氏振付「ガーシュウイン・モナムール」にてバレエミストレスをつとめる。

2012年 30周年記念公演「MON30ANNEES~バロック・ダンスからコンテンポラリーまで」を行う。

2013年 深川秀夫氏、クリストファー・ハギンス氏、ピーター・エスピリッツ氏の3人の振付家を招聘し、

「WE LOVE DANCE!」公演を行う。

スタジオ開設以来、故ジャン・クロード・ルイーズ氏に10年間師事し、

そのメソードを現在も後進に指導を行なう。

それと同時に毎年、深川秀夫氏を振付家、及びダンサーとして招聘する。

各バレエコンクール入賞多数指導、振付作品多数。 近年はトーマス・ベアード、ペイジ・ウィットリ・ボーゲス、浜中康子にバロック・ダンスを師事し、

「ヴェルサイユの祝祭」公演にもダンサーとして参加している。

2001年より八ヶ岳にて「バレエセミナー」を10年間、深川秀夫氏、大塚礼子氏と共に行い、

2013年より名古屋にて行い、毎年100名程の受講生が有る。

又、近年はこのメソードに共感される方も多く、東京でもクラスを開講している。


閲覧数:217回0件のコメント

最新記事

すべて表示

支部

Comments


記事: Blog2 Post
bottom of page